スポーツクラブにウィルス対策抗菌タッチパネルが必要な理由

不特定多数の会員様がランニングマシンを共用するためウィルス接触感染のリスク対策が必要です。特にタッチパネル画面は顔の真正面に位置するため飛沫が付着しやすい箇所です。
タッチパネルには「抗菌タッチパネルフィルム」を、ハンドル部分には「抗ウィルスコーティング」を施工することで接触感染リスク対策が可能です。

 

タッチパネルのウィルス細菌一般細菌
タッチパネルのウィルス細菌大腸菌
タッチパネルのウィルス細菌黄色ブドウ球菌

調査の結果多くのタブレット端末や公共タッチパネルから一般細菌・大腸菌・黄色ブドウ球菌が検出されています。

ランニングマシンのウィルス対策抗菌コーティング抗菌タッチパネル
沢山の人が触れるタッチパネルには沢山のウィルスや細菌が付着しています。
抗菌タッチパネルフィルム
ウィルスや細菌は手や物を介して接触感染で伝播します。
抗菌タッチパネルフィルム見えないウィルス
タッチパネルでの接触感染を気にするお客様が最近増えています。
抗菌タッチパネルで接触感染予防
清潔な抗菌タッチパネルでお客様をお迎えしましょう

 

ウィルス対策コーティング

抗菌タッチパネルフィルム

有限会社リファイン

ウィルス対策コーティングのお問い合わせは(有)リファイン

ウィルス対策コーティングのお問い合わせはこちら

 

※「ウィルス対策コーティング」「抗菌タッチパネルフィルム」は、医薬品、医薬部外品ではありません。
※新型コロナウィルスは試験結果データがございません。またすべての細菌やウィルスを完全に低減することはできません。アルコール等の消毒薬によるこまめな消毒が必要です。

 

 

トップページに戻る

トップへ戻る